ホイールドッグまとめ。

★タカラ改造 1/35 ホイールドッグ

こないだダイビングビートルの画像まとめたんだけど
まとめとくと自分が一番便利だね(笑)。
なのでホイールドッグもまとめておこう。
2007年の当店ボトムズまつりだか用に
作ってたものですって。
今2016年だって。
ふわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(汗)。

ホイールドッグ

こないだのビートルよっかはまだ図面ってかんじするねぇ(笑)。
っつってもシャーペンでしゃーっと書いた落書きだね(笑)。
これを頼りに(笑)プラ板切り出してって
ちょうどいいかんじに作ってったよ(笑)。

ホイールドッグ

ボディは1/35ストロングバックス、頭はストライクドッグ。
胴体は前後幅で2ミリくらい幅増ししてんのかな。
ウエストは1ミリ延長してるっぽい。
おなかの張り出しの部分は1ミリプラ板貼って
斜めに削り込んでるらしい。

ホイールドッグ

青の騎士系のATは前後の奥行きあったほうがかっこいいよね。
アタマもでっかくしたほうがかっこいいよね。
コクピットハッチは接着して整形しているらしい。

ホイールドッグ

腕はストロングバックスのまんま。
上腕は肩との接着面で2ミリつめたかな。
ひじ関節は前腕部分のダボの受けにプラ棒入れといて
上腕部分のダボのとこを切り欠き入れて
塗装した後接続しようとしているらしい。

ホイールドッグ

スネパーツは図面通りプラ板を切り出して(笑)
スネ前半分、後ろ半分、ひざアーマー、
両サイドのブロックに分けて作っといてから
接着してこんなかんじ。
なんもいっぺんに作んなくたって
ブロックごとに作っちゃえば単純なカタチだもね♪
ってかんじで作ってた記憶が(笑)。

ホイールドッグ

そんなかんじで足首も
ここもつま先、かかと、前後をつなぐパーツ、
足首とスネをつなぐパーツに分けて作ったはず。
真ん中のブロックのパーツに
赤い線が入ってるのはプラ板の接着面に
マッキーでがーっと赤く塗っといてから接着してるから。
こうすると目安になってヤスリがけとか
形状の変更がラクになるのよ♪
って思ってたはず。

ホイールドッグ

腕の外装はプラ板の積層&箱組み。
ここはらくちんそうだね。

ホイールドッグ

かかとのホイールは木パテ。
なんかプラ棒かなんかに木パテ大きめに盛り付けて
カッチカチに硬化してからプラ棒をリューターに噛ませて
粗いヤスリガーッとあててこけし方法で作ったはず。
旋盤とかもってりゃもっと精度の良いパーツつくれるんかな。
いいなぁ持ってる人は。

ホイールドッグ

だいぶパーツそろってきたね。
顔のバイザーは上のほうの両サイドのふちに
0.5ミリプラ板貼って整形してるらしい。
太ももはスコープドッグのモノを
2ミリくらい延長してひざ関節は切り取ってる。

ホイールドッグ

ひざ関節につながるパーツと
足首のこうのアーマーがついたね。
全体のディテールは0.5ミリプラ板を貼ってる。
ボルトのつく部分はあらかじめ削り落として
丸く整形してあるね。

ホイールドッグ

いきなり足のパーツが複製されているなぁ(笑)。
複製してるところの画像がいっこも残ってないや(笑)。
ともかくそれぞれワンパーツで複製してるので
当時のボクなまらエライ(笑)。
これでかなり作業ラクになるもんなぁ。
腰アーマー類もプラ板で作ってある。
顔のカメラ基部は木パテの削り出しだね。
手首は暫定でつけたレジンパーツかな。

ホイールドッグ

イッキに完成に近づいた感がありますが
締め切りには間に合わず締切日翌日でこんなかんじ(笑)。
徹夜2日したのに完成せずがっかり(笑)。
ボトムズナメてやがったな当時のボク(笑)。
ボディ上面は0.5ミリプラ板でディテール追加して
ロールバーもプラ棒とプラパイプで追加。
ボディ両脇のブロックは木パテ。
両肩アーマーのスパイクは
たしか5ミリ木パテ角柱を作ってから
ピラミッド型に削り出して接着してるはず(笑)。
5ミリプラ簿削るのがイヤだったんだね(笑)。
腰アーマーの前の部分もできてるね。
横の部分の取っ手もついてるね。
真鍮線使ってるのはなんでだろう。
プラ棒でもいいのに(笑)。
バイザーの左側にアンテナついてるね。
プラ棒の組み合わせで作ってるはず。
この画像で見る限りはあたまでっかちで
恰幅もよく短足でつま先が長くて
ボクのイメージ通りなのでオッケー♪

ホイールドッグ

武器の電撃ロッドはプラパイプの組み合わせ。
先端のとげは肩のスパイク作ったときの
5ミリ木パテ角柱から削り出したハズ(笑)。
5ミリプラ棒からじゃダメなの?と思うけど
こん時はとにかくプラ棒削りたくなかったんだね(笑)。
今でもプラ棒削るのはなんかキライだもなぁ(笑)。
プラ板削るのとはメンタル面でなんかちがう(笑)。
手首は市販のたっかいレジンの手首なんだけど
月日が流れて今では良い市販のお助けパーツ
いっぱいあるから選びなおしてやろう。

ホイールドッグ

バックパックは設定画がないから
スコープドッグのパラシュートザックを
上下逆にしてつけるかぁとか思ってやってみて
このぞんざいなかんじがカンにさわったらしく
イッキにテンションが下がってったような気がする(笑)。
したら作り直せばいいべやとか思うけど
2徹して完成しなかった後だったので
回復魔法が効かなかったんだね(笑)。
四角いバーニアパーツのつけ方とかナニ?
センスなさすぎるわぁぁぁ(笑)。
よっぽど憔悴しきってたんだね(笑)。

ホイールドッグ

足首の取り付けはスネ側の受けを
5ミリくらいのドリルで穴開けといて
足首側にお助けパーツのドーム型のを接着して
最後の接着固定の時に融通きくようにしてあるね。
足首と股関節さえ融通きけば
接地面に足がしっかり接地して
かっこいく立ってくれるもんね。

ちゅうところまできて止まっちゃってるのよ。
あと残ってる作業は

・手首いいのに取り替える
・バックパックかっこいくしてやる
・かかとのホイールにディテール入れて複製
・細かい仕上げ
・塗装

って感じかな。
もうちょっとなのにね。
いやぁしかし手ぇつけ始めてから9年経ってんのかい。
我ながらヒドイね(笑)。
ボトムズテンション上がってるうちになんとかしてやらんとね。
もう一息がんばってくれ自分(笑)。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:HOBBY SPACE JUN
札幌市清田区にあった模型店 HOBBY SPACE JUN の店主です。現在移転準備中で田舎の実家で仮営業しております。通販・手渡しでの販売対応をさせていただいておりますので何かございましたらお気軽にお問い合わせください。

◇メールアドレス

x5d5wrあっとまーくbma.biglobe.ne.jp

※あっとまーくを@に打ち直して送信してください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR