シカゴファクトリーのジョーダン191。

シカゴファクトリーのジョーダン191

出てきたよ。
ちょこちょこいじってるのねぇ。
こっからまたがんばれるかどうかは自信なし(笑)。
でもこうゆうF1バブル時代のレジンキットって
いろんなことがギラギラしてて大好き(笑)。
スポンサーサイト

昔作った1/24 ティレル018。

★シカゴファクトリー 1/24 ティレル018

最近また個人的に80年代90年代F1ブームがキテまして(笑)。
なかでも数年前に作った大好きなティレル018を
1回まとめておこうかなと思いまして。
後々もっかいやらかす可能性のある自分のために(笑)。

1/24 ティレル018 ボディ1

この時は手元にF1バブル時代のレジンキットで
シカゴファクトリーという個人ディーラーさんの
ティレル018のトランスキットがありまして
それをもとに各部整形してやって
モデラーズのティレル019の足回り流用したらいっかな
程度で始めたんだったかな(笑)。

1/24 ティレル018 ボディ2

だがしかし整形しててもラチがあかんな
って感じになってきて
思いっきりのこぎりで切断♪

1/24 ティレル018 ボディ3

おかげさまで
心おきなくものコックの整形♪

1/24 ティレル018 ボディ4

んでリアカウルをプラ板で作って
インダクションポッドまわりを
元のレジンキットのパーツを使うことに。

1/24 ティレル018 ボディ5

リアカウルはこんな感じでプラ板工作。
モデラーズの019使えば楽勝なのに
シカゴのキットを使う意味が薄れてくるとのことで
ボディに関してはなるべくモデラーズのパーツは
流用しないことにしたらしい(笑)。
ヘンな意地はってるねぇ(笑)。

1/24 ティレル018 ボディ6

各部接着して黒い瞬着を盛って整形中。
アンダートレイはモデラーズ019のだね(笑)。
ほんとボディ以外はヨユーで流用してる(笑)。

1/24 ティレル018 ボディ8

フロントウイングメインフラップは
1ミリプラ板2枚重ねだったかな。
ノーズの下に1ミリの段差をつけておいて
60㎜×13㎜に切った1㎜プラ板を両面テープで仮組みして
両脇からノーズを挟み込むように1㎜プラ板を貼り重ねて
翼断面形状になるように削り込んだらしい。
こうやって作ったんだねぇ(笑)。

1/24 ティレル018 ボディ7

そんで翼端板はモデラーズの019流用(笑)。

1/24 ティレル018 ボディ9

リアウイングもついた。

1/24 ティレル018 リアウイング1

翼端板は0.5ミリプラ板。
メインフラップは0.5ミリプラ板を切り出しといて
横方向に3ミリ間隔で切り込みいれて
そっと折って湾曲させた2枚を貼り合わせて
翌断面形状つけたらしい。
がんばるねぇ(笑)。
んで黒いフラップは1/20フェラーリF189から
緑は1/20ジョーダン191から流用して
サイズ合わせて接着してるらしい。
当時のボクがんばるねぇぇぇ(笑)。

1/24 ティレル018 リアウイング2

リアウイングの取り付けは
ギアボックスから立ち上がってるプラ板が
メインフラップに差し込めるように溝彫ってやって
角度調整しながら接着してるらしい。
コレのおかげでリアウイングの取り付け
ラクができたはず。

1/24 ティレル018 フロントウイング1

フロントウイングのフラップは
1/20ジョーダン191のリアウイングのフラップを
ちょうどいい大きさに切って合わせたよ。

1/24 ティレル018 フロントウイング2

取り付けはノーズ側に真鍮線入れて
翼端板側にダボつけておいて
位置決めと接着が楽になるようにしてるのね。
細かいところでちょいちょいエライなぁ
当時のボク(笑)。

1/24 ティレル018 ボディ10

仮組み。
けっこうらしくなってるなってる♪

1/24 ティレル018 サスアーム1

サスアームの加工。
手元にウェーブの1/24ティレル018のキットがあったので
それを参考にしながらモデラーズの019のサスを
いい感じになるように加工したよ。
なんだウェーブのいいキット持ってんなら
素直にそれ作ったらいいじゃん!って思うけど
この時はシカゴのキットで作りたかったんだねぇ(笑)。

1/24 ティレル018 フロントウイング3

フロント足まわり組んでこんなかんじ。
ほぼほぼモデラーズ(笑)。
シカゴのキットは足まわりを他のキットから流用してね♪
ってゆうトランスキットなのでしゃぁない(笑)。

1/24 ティレル018 コクピット1

ステアリングもモデラーズ流用(笑)。
パネルはプラ板適当に切り出して
市販のお助けバーニアパーツを
薄く削り込んでわっかにして接着したのかな。
まぁ雰囲気ってことで(笑)。

1/24 ティレル018 全体1

リアの足回りも組みあがってるなぁ。
ここはもうエンジンブロックごと
モデラーズの流用してるからなんも考えないで
そのまんま組んでんでなかったっけか(笑)。
ほぼほぼパーツそろってきた感じだねぇ♪

1/24 ティレル018 全体2

F1に見えるねぇ(笑)。

1/24 ティレル018 全体3

プッシュロッドついたね。
ノーズコーンの分割ラインも入ってるね。

1/24 ティレル018 全体4

シートは1/24フェラーリF189だったかな。
たしかシカゴのキットにもレジンパーツで
そっくりなパーツが入ってたから
雰囲気合わせるために流用したハズ。

1/24 ティレル018 追い込み1

ここから精神的に一番つらい作業(笑)。
左右がキチンと対象になるように
ただひたすら整形(笑)。
がんばってがんばってひたすら整形(笑)。

1/24 ティレル018 追い込み2

まぁそこそこ左右対称でたらオッケ(笑)。

1/24 ティレル018 追い込み3

お尻のダクトを0.5ミリプラ板で組んだよ。

1/24 ティレル018 追い込み4

スジ彫りはやり始める前は死ぬほどやりたくなけど
やり始めたら楽しくなってくるよねぇ♪
とはいえボディはレジンやプラ板や黒い瞬着や
いろんな材料が整形してるうちに
入り混ざっちゃったとこなので
彫りにくかった気がする。
一回レジンに置き換えてから彫ったら
ラクだったろうねぇ(笑)。

1/24 ティレル018 追い込み5

テールエンドは0.5ミリくらいの厚さになるように
削り込んでやってるね。
コレでカウル全体が薄く見えるというもの(笑)。

1/24 ティレル018 追い込み6

ノーズ上面のパネルラインは彫りにくかったので
一度大きめにくりぬいてから木パテつめて
硬化したあとに彫りなおしてるのね。
薄い透明プラ板でガイド作っといて
内側をしゃーって彫ってってるのね。

1/24 ティレル018 追い込み8

サイドポンツーンのエッジを丸めたよ。
コレでティレル感アップ♪

1/24 ティレル018 追い込み7

ばっくりサフ吹いてボディの工作と下処理完了♪
ウイングやサスや他のパーツも
サフ吹いたり下処理終わってる感じかな。

1/24 ティレル018 ボディ裏1

ボディ裏側。
混沌とした感じがいいねぇぇぇ(笑)。

1/24 ティレル018 ボディ塗装1

楽しい塗装♪
当初はブルー1色のフランスGP前までの
地味な塗装にしようと思ってたんだけど
せっかくがんばったんだからということで
ジャン・アレジデヴュー戦のフランスGPの
黄色が入ってちょっと安心のカラーリングにしたよ♪
クレオスのGXカラーの黄色ベースで
好みで赤み足して作った色を
エアブラシで吹いたよ。

1/24 ティレル018 ボディ塗装2

んでよぉぉぉっく乾燥さしてマスキングして
Mrカラーのフタロシアニンブルー吹いたよ。
イイ青だねぇ♪

1/24 ティレル018 ボディ塗装3

んでマスキングテープ剥がしてこんなんじ♪
実はしこたまトラブルあったらしいけど(笑)
画像ではわからんのでなかったことに(笑)。

1/24 ティレル018 コクピット塗装1

パネルは黒く塗ってモデラーズのデカール貼ったよ。

1/24 ティレル018 コクピット塗装2

シートも黒く塗ってベルトつけたよ。
モデラーズで市販してたシートベルトセットで
こんなかんじにつけてやったよ。
まぁ雰囲気雰囲気♪

1/24 ティレル018 デカール1

ボディの塗装が完全乾燥したら楽しいデカール貼り♪
キャメルのロゴは市販のデカール貼ったよ。
その他のデカールはお客さんの中に
その筋の専門家の人がいらっしゃったので
お願いして作ってもらいました♪
その節はありがとうございました♪

1/24 ティレル018 デカール2

リアウイングにもデカール貼ってよぉぉぉっく乾燥さして
1回目のクリアー軽く吹いてる。
クレオスの缶スプレーのスーパークリアーだったかな。

1/24 ティレル018 クリアー1

2回目のクリアー。
コレもクレオスの缶スプレーのスーパークリアーかな。
この後時間がなかったのか
食器乾燥機にブチこんで乾燥さしたらしい(笑)。
んで軽く研いでるらしい。
時間なかったんだねぇ(笑)。

1/24 ティレル018 クリアー2

んで3回目のクリアー。
仕上げのクリアーらしい(笑)。
タミヤの缶スプレーのクリアーを
ばっくり吹いてるらしい。
昔のモデラーズの缶スプレーのクリアーみたいな
水っぽいつやになってくれる気がするよねぇ。
んでまた乾燥機にぶち込んでる模様(笑)。

1/24 ティレル018 完成

んで完成(笑)。
よほどヨユーがなかったらしく
途中の写真が一切ないのね(笑)。
とりあえずしっかりとクリアー乾燥さしたあとは
無事各部組み付けできたらしい(笑)。
仮組みしっかりやっといたり
位置決めしやすいように工作しといたおかげね。
がんばっといてよかったね当時のボク♪

1/24 ティレル018

かなり気に入ってる子になったので
せっかくだからと思いさっき写真撮りなおしたよ♪
いやぁかっこいいねぇ♪
完成から数年経ってるのにゆがんだりしてないし
退色もしてないしツヤもキレイなまんまだし
ボクにしちゃぁ上出来上出来♪

1/24 ティレル018

リアウイングもへたってなくて嬉しい嬉しい♪

1/24 ティレル018

やぁぁぁかっこいいわぁ♪
超自画自賛♪

1/24 ティレル018

サイドポンツーン上面に
インダクションポッドまわりがうつりこんでて
なまら気分いいねぇ♪

1/24 ティレル018

いいツヤしてますなぁぁぁ♪
インダクションポッドの三角の穴は
黒く塗っといた方がいかったかな(笑)。
まぁそのうちにね。

ここまで自分であれこれがんばったF1は
そうそうないので
この子はほんっと満足度なまら高かった♪
そのうちきっとブルー1色の開幕戦仕様や
オートバックスのついた日本GP仕様や
セナとアレジの激しいバトルが印象深い
90年のアメリカGP仕様も作って
ティレル018バリエーション並べたい♪
とか言い出すと思うで
そん時はまたこの日記よく読んで
テンション上げたり落ち着かせたりしよう(笑)。

最後まで読んでくれた人がいたら
どうもありがとうございます。

ぬたぬたとるぞ(笑)。

★テナリブ 1/43 トールマンTG184

テナリブ 1/43 トールマンTG184

パッキリ割れたトールマンでしたが(笑)
とりあえず表面のぬたぬた取らんことには
ヤスリがけすらできないのでつけ置き中。
ホームセンターで瓶買ってきて
ラッカーに付け込んでる最中です。
これやって表面平筆とかでじゃぶじゃぶ洗うと
ナゾのぬたぬたがキレイに取れて
さりさり削れるいいレジンが顔を出してくれるはず(笑)。
前にウィリアムズ作ってた時はそうだった(笑)。
そっからは多分楽しいキットだと思う(笑)。

★ジュウオウジャー

おもしいなぁ。
ジュウオウワイルドいいじゃん♪
そういえば最初のロボって
ジュウオウキングっつってたよね。
獣の王の王か(笑)。
なんマラ強そうでいいなぁ♪
そうゆうセンスがイカス♪

★仮面ライダーゴースト

ナニナニ?福くんってあの年齢なのに
もんのスゴイコアな仮面ライダーファンなの?
さすがだねぇ福くん♪
つうかゴースト新フォームすごいね♪
体中に顔ついてたね(笑)。
してまた強いねぇ♪
まこっちゃんのこと早く助けてやってくれよ。
してまたアランはそんなたこ焼き好きか(笑)。
アラン最近ちょっとずつ好きになってきた(笑)。
たこ焼き食ってがんばれアラン。

★日本の昔話

白い犬が人間になってやらかすハナシ。
おもしかった。
落語が元ネタなんだな。
おもしかった。

★あああああああああ!!

昨日いとしのムーコ見るの忘れたあああああ!!
いま白い犬のハナシ書いてて思い出した!
ああああああああああ!!
ショックだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。
ううううううううう。
あおぉぉぉぉぉぉぉぉぉんんんんん。。

心も割れるテナリブ(笑・泣)。

★恐るべしテナリブあるある

昨日なんか作らなきゃ!って思ってたところへ
ボクと同じ弱小F1チーム大好きな(笑)なかじまさんがきて
あぁだこぉだ盛り上がってたところで
そうだせっかくだからこんな時こそ
誕生日になかじまさんにもらった
テナリブのトールマン作ったらいんじゃね?!
ってなって引っ張り出してきて愛でてたのね。
んでアンダートレイが経年変化でたわんでたので
机に押し付けて平らにしようとしたのね。
んでちょっと押しただけだったのにさ。

押すと割れる。「テナリブあるある」

みごとにパッキン♪って割れちゃったよ♪
そしてボクの心も割れちゃったよ♪
いやぁぁぁこうゆうタイミングで割れるかねしかし?!
なんか作らなきゃ!作るぞおおおおお!!
って決意した瞬間にコレだよもう(笑)。
こんなときにテナリブあるある持ち出さないでくれよぉ。
恐るべしテナリブ。
レジンのくせにあの柔軟性のない材質ってなんだよ(笑)。
ナニ混ざってんだよ(笑)。
そうゆうのを含めてテナリブ大好き(笑)。
しょうがないのでこのままとりあえず
瓶に入れてシンナー漬けにして
表面のぬたぬた溶かして落として
キレイになってから修正すっかな。
もらってすぐにやっときゃよかったなぁぁぁ。
まぁ今更騒いでもしょうがないので
平常心でがんばろう(笑)。
やっぱレジンは油断しないで
曲がってるとこは熱加工でゆっくり曲げよう。
もう二度とこんな思いしませんように(笑)。
やっぱヨンサンのレジンやメタルキットは
いろんな意味で楽しいね♪
(涙)

★週刊少年ジャンプ最新号

3連休だから昨日の夜中購入。
みんな火ノ丸相撲読んだ?!
いやぁぁぁもうなんマラ感動したした!!
ホタルいいことゆうじゃねぇかおい♪
キリヒトもやっぱすげぇなおい♪
いやぁもう感動感動♪
ダチ高相撲部みんなで一緒にさらに強くなったぞ♪
いやぁほんっと朝っぱらから泣けてくるわ。
ほんっとおもしろいね火ノ丸相撲♪

ジョーダン191メキシコGP風味(笑)かんせー♪

★タミヤ 1/20 ジョーダン191 メキシコGP風味

タミヤ 1/20 ジョーダン191

ようやっと完成♪
メキシコGP風味というところがミソ(笑)。
形状的にはいじってないので
リアウイングのフラップが2段のまんまだったりしてるのね。
なのでメキシコGP仕様とは胸はって言えないのだよ(笑)。
まぁフロントウイングの翼端板に「tictac」のロゴ入ってるので
メキシコGPってことでひとつよろしく(笑)。
画像で見ると「ジョーダンのサスアームは
プッシュロッドだけカーボンでできてるんだってねぇ。」的な
微妙な色味のちがいが恩着せがましくていいね♪
実際の見え方がどんなんなるか実物見てないからわからんけど
自己満足度が高いのでオッケーである(笑)。
しかしやっぱ研ぎ出しして磨き上げると表面キレイだね♪
最近めんどくさくって(笑)まじめに磨いたりしないで
缶スプレーのクリアー吹きっぱなしですませてたからなぁ。
「吹きっぱなしのとぅるんっとしたつやがいいのよねぇ。」
とかゆって正当化したりしてさぁ(笑)。
いや、それはそれで大好きなつやなんだけどもさ。
今回は久々に磨き上げたつやが欲しくなったのよ。
手間かけたぶんキレイになったくれてほんっと嬉しい嬉しい♪
やっぱジョーダンはもともとがキレイでかっこいいマシンだから
ぴしっとキレイに磨き上げるとかっこよさ倍増するね♪
あまりにも気分良くなっていつもよりおっきい画像にしちゃった♪
皆様年賀状などにどうぞご利用ください(笑)。

アンドレア・デ・チェザリスが91年シーズンで
記憶に残る数多くの活躍を見せて
ランキング9位の成績を残せたのは
ジョーダン191とともにがんばった結果だと思うのですよ。
そんなジョーダン191を印象深いメキシコGPで再現することで
(まぁ完全再現でないけどね)
ボクの中で勝手にチェザリスへの手向けとさせていただこうかしらね。
いつかこのマシンを押すチェザリスのフィギュア作って
横にならべてあげようかね。あはは。
チェザリスどうもありがとう。
ご冥福を心よりお祈りいたします。

★そんなかんじで

今日も営業しております。
みんな遊びに来てね。
プロフィール

Author:HOBBY SPACE JUN
札幌市清田区にあった模型店 HOBBY SPACE JUN の店主です。現在移転準備中で田舎の実家で仮営業しております。通販・手渡しでの販売対応をさせていただいておりますので何かございましたらお気軽にお問い合わせください。

◇メールアドレス

x5d5wrあっとまーくbma.biglobe.ne.jp

※あっとまーくを@に打ち直して送信してください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR